ご利用案内 お支払方法 送料について 発送について 返品・交換について メーカー1年保証について 領収証について お値引きについて
三菱換気扇トップページ > 三菱換気扇一覧 > エアースイングファン

エアースイングファン

エアースイングファンの商品情報

三菱エアースイングファンAS-407SA

エアースイングファン
〈写真はAS-407SA〉

三菱エアースイングファンを低価格で販売中

三菱エアースイングファンは、大空間のサーキュレーションや夏季の涼風用途におすすめの送風機です。充実の商品ラインアップで様々な建物の空間、使用目的にあわせて最適な機種をお選びいただけます。ホール、工場、倉庫、体育館、教室から店舗、事務所の快適性を向上させるとともに、省エネにも貢献します。

エアースイングファンの商品一覧

エアースイングファンの商品一覧

エアースイングファンのWEBカタログ

エアースイングファンのWEBカタログ

 
  三菱換気扇を探す 三菱換気扇を品番から探す 三菱換気扇を品番一覧表から探す
A B C D E F G H J K
L M P Q S T U V W Y
商品名または品番を半角英数字で入力してください。

エアースイングファンの商品ラインアップ

エアースイングファン 商品一覧

三菱電機エアースイングファンの全商品を表示します。

三菱エアースングファン

商品に関するお問合わせ
ご質問やご相談、商品選びにお困りの方は 三菱電機お客様相談センター へお問合わせください。
在庫・納期についてはお見積フォームよりお問い合わせください。FAXの場合はこちら
お電話でのお問合わせは受付けておりません。


システム部材(換気扇用部材)

三菱換気扇用システム部材の販売ページを表示します。

三菱換気扇部材

エアースイングファンのシステム部材
コントロールスイッチ(WEBカタログP.687P.689
ブリーズライングリル(WEBカタログP.687P.689
リモコンスイッチ(WEBカタログP.689
商品に関するお問合わせ
ご質問やご相談、商品選びにお困りの方は 三菱電機お客様相談センター へお問合わせください。
在庫・納期についてはお見積フォームよりお問い合わせください。FAXの場合はこちら
お電話でのお問合わせは受付けておりません。



換気扇選びにお困りの方

当ショップではトラブル防止のため換気扇選びは行っておりません。

換気扇選びおよび各種ご相談事は、電気工事店または三菱電機お客様相談センターへお問い合わせ下さい。

お近くの電気工事店を探す

資格や知識のない方が換気扇工事を行うことは大変危険です。 屋内配線は基本的に電気工事士の資格を持つ技術者が施工しなければならないと電気工事士法で定められています。
iタウンページで電気工事店(電気設計店)を探す
iタウンページ

三菱電機お客様相談センターへ相談する

換気扇に関するご相談は、三菱電機お客様相談センターへお願いします。
ショップでお答えできるのは、納期、在庫状況、お支払方法についてのみです。
お問合わせ

三菱電機お客様相談センター

三菱電機ホームページで調べる

三菱電機公式ホームページより、エアースイングファンの形名・品番を入力して代替機種、後継機種、旧製品情報、最新情報などを調べることができます
三菱電機ホームページ
三菱電機ホームページ

三菱換気送風機WEBカタログで調べる

エアースイングファンの特長、消費電力、風量、騒音、質量、接続パイプ、外形図、結線図、システム部材の機種選定など、エアースイングファンの詳細が三菱換気扇カタログでご覧いただけます。
三菱換気送風機WEBカタログ
三菱換気扇カタログ


当ショップについて

●業者様ではない一般のお客様へも販売致しております。
●商品・関連部材選び、設置に関するご相談は受付けておりませんので、電気工事店または三菱電機お客様相談センターへお問い合わせください。

●当ショップでは換気扇の取付工事は行っておりません。
お問合わせ
在庫・発送について
返品・交換について


エアースイングファンの取付工事について

・当ショップは商品販売のみを行っており、取付(据付)工事は承っておりません。
・配線は、必ず有資格者である電気工事士が内線規程や電気設備基準に従って行ってください。
・取付(据付)工事に際しては、エアースイングファンに同梱の据付説明書をよく読み、それぞれの換気扇に適した据付を行ってください。



エアースイングファンを購入する前に

ご購入前には、エアースイングファンのカタログや図面・仕様書、取付工事説明書、取扱説明書等にて商品概要をご確認ください。
エアースイングファン(部材)は適合品を選ばなければ使用できません。ご面倒でも事前に製品の技術資料で、仕様や寸法を確認されることをおすすめします。カタログ、図面・仕様書、取付工事説明書、取扱説明書等にて商品概要をご確認の上、不明点があれば三菱電機(メーカー)へお問い合わせください。エアースイングファンの使用条件、安全に関する注意事項は必ずお読みの上、正しくお使いくださいますようお願いします。

エアースイングファンご使用上の注意事項
① エアースイングファンは日本国内用ですので日本国外では使用できません。また日本国外ではアフターサービスもできません。
② 特性・仕様の詳細については、各エアースイングファンの納入仕様書にてご確認ください。
③ エアースイングファン本体の据付工事は、振動のない十分強度のあるところを選んで確実に行ってください。
④ 使用周囲温度・湿度は必ずお守りください。各ページに記載されている範囲を超えますと、焼損、変形、回転不良、破損につながるおそれがあります。また、次のような場所には据付けないでください。
 ・屋外
 ・塩害地域
 ・冷蔵庫、冷凍室など結氷するおそれのある場所
 ・酸性、アルカリ性ガスの発生、流入する場所
 ・可燃性ガスの発生、流入、滞留、漏れのある場所
 ・油煙や蒸気の多い場所
 ・繊維工場、製陶工場など多量の綿ぼこりや砂じん、粉じんの発生する場所
⑥ モータ軸水平以外の据付けはできません。
⑦ 漏電ブレーカを設置してください。火災・感電のおそれがあります。
⑧ モータの焼損防止のため、モータブレーカ又は電磁開閉器(電磁接触器+サーマルリレー)の過負荷保護装置を設置してください。過負荷保護装置は必ず機器1 台ごとに取り付けてください。過負荷保護装置の選定は電流値の1.2倍を目安にしてください。ただし、商品本体に過負荷保護装置の定格表示のあるものは、表示内容に従い過負荷保護装置を設置してください。
⑨モータに安全装置として温度ヒューズが内蔵されています。拘束、過負荷運転、異電圧印加あるいは周囲温度が基準以上に高い場合には、上記安全装置が自動的に動作し回転が止まることがありますので、電源を切り原因を取り除いてください。(再運転の場合には、モータを交換してください)
⑩ エアースイングファンは、保守点検、部品交換、修理が可能な場所に据付けてください。
⑪ 保守点検のため、商品近傍の天井に45cm 角以上の点検口を設けてください。
⑫ 修理等で特別な足場が必要になる場合は、お客さまの費用負担となります。あらかじめご了承ください。
⑬ 故障の原因となるおそれがありますのでエアースイングファンの改造はしないでください。
⑭ 電源接続を間違えますと正常な運転ができなくなり、場合によってはモータが焼損するなどの危険があります。スイッチ・プラグ等への接続は確実に実施してください。
⑮ 電気工事は必ず有資格者である電気工事士が内線規程や電気設備技術基準に従って行ってください。電源コード接続仕様の機種は絶対に「手より接続」はしないでください。また、電源電線の接続部分はJIS C 8340の「電線管用金属製ボックス及びボックスカバー」内にて行ってください。
⑯ 吊りボルトは、振れ止め用耐震支持部材にて必ず補強を行ってください。
⑰ エアースイングファンは屋内用です。
⑱長年ご使用の送風機ではモータ、コード、コンデンサー等の電気部品の経年劣化により発煙・発火に至るおそれがあります。ご使用前・ご使用中に異常がないか確認してください。異常がある場合は使用を中止してください。
⑲グリル取り付けの際は天井開口穴と商品本体の位置にずれがないことを確認してください。位置がずれた状態で無理にグリルを取り付けないでください。
高機能タイプ注意事項
① ダクト取扱空気温度は+ 15℃〜+ 55℃です。
② ダクト取入風量は908 タイプで150m3/h 以下、915 タイプで300m3/h 以下としてください。
③ ダクト接続時で運転停止中にダクトから冷気が入ると結露します。運転停止と同時に冷気を遮断するよう空調気流取込みダクトに電動式ダンパー等を設置してください。
④ 接続フランジおよびダクトは結露防止のため断熱処理を必ず行ってください。
⑤ 信号線は電話線など無極性2 線(PVC 線単線φ 0.65 〜φ 1.2 またはより線0.3 〜1.25mm2)を使用してください。
⑥ 複数の信号線を多芯ケーブルで配線しないでください。

このページのTopへ